葉酸に胎児の無脳症の予防効果があるって本当?

胎児が成長する為には様々な栄養素が必要となりますが、その中でも特に重要なのが「葉酸」です。葉酸は健康な細胞を作りだし、生まれ変わらせる為のサポート役でもあります。この葉酸が足りなくなると、神経管閉鎖障害の一種である「無脳症」を引き起こすリスクも高まる事が分かっています。

無脳症とは、言葉の通り脳が成長しない病気の事で、大脳が欠損もしくは萎縮している状態にあり、命に係わる重体な障害の一つです。脳以外の体の神経や発育に関しては問題はありませんが、生命維持の根本である「脳」が欠損しているという事は、生まれても生存力が極めて少なく、すぐに亡くなってしまうパターンも多いのが特徴です。

稀に脳の周辺にある頭がい骨や頭の皮膚なども欠損している重症の事例もあり、口蓋裂などの先天性奇形も併発しているパターンもあります。この無脳症に関しては今現在の医学では解明されておらず、詳しい治療法も無いためにほとんどの赤ちゃんは死産、または1週間以内に死亡してしまう、致死率の高い障害だと言えるでしょう。

ただ、全く方法が無い訳ではありません。前途でもお話した通り、ビタミンの一種である葉酸が、無脳症を初めとする神経管閉鎖障害を防ぐ事が出来ると発表されています。

無脳症になってしまう一つの要因としては、妊娠初期の2〜4ヶ月頃に脳や心臓が形成される大切な時期の極端な栄養不足があげられています。その中でも特に重要視されているのが、細胞生成に深く関わりのある葉酸だという事なんですね。

可愛い赤ちゃんを様々なリスクから守る為にも、今一度食事や栄養について、しっかり管理していきましょう!

 

>>葉酸の不足で取り返しの付かないことになることも<<

 

葉酸の胎児先天性奇形の予防効果

 

葉酸の胎児二分脊椎の予防効果